無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
【日時】2011年6月14日(火)-15(水) 

 ※6/14(火)-6/16(木)に行われるオービック情報システムセミナーの
  中のIFRSセッションの紹介です。

【内容】     オービック情報システムセミナー
             (IFRSセッション)

 6/14(火)
  A1  9:30~10:30
   IFRSがシステムに与える影響【資産管理編】

    資産管理はIFRS適用時に最も影響が大きいポイントのひとつです。
    当セミナーでは、従来の税法中心の管理から、どのように税務・会計
    との乖離に対応すべきかといった、あるべきシステム像と現時点での
    論点を解説します。

  A4 10:50~11:50
   IFRSがシステムに与える影響【連結会計・単体会計編】

    2015年に連結先行で導入が見込まれているIFRSは、単体決算を基
    礎として作成されるため、単体会計の包括的な対応が必要です。当
    セミナーでは、連結会計での対応ポイントと単体会計システムに必要
    な機能について解説します。

  A10 16:30~17:30 【特別講演】
     - IFRSのポイント再考 -
       IFRSの特色 および 日本基準との違いを事例により解説

                        講師:アクティブ有限責任監査法人
                               代表社員 柴田 洋 氏

    IFRS(国際会計基準)が日本に導入されるスケジュールを簡単に説明
    した上で、上場会社以外に、どの様な企業がIFRSの決算書を準備す
    る必要があるのか、またまったくIFRSを導入する必要がない企業につ
    いても、どのような影響がでるのかを解説します。その上で、本題であ
    るIFRSと日本の会計基準の違いを、具体的な事例により分かりやすく
    解説していきます。


 6/15(水)
  T2 13:00~14:30
    【基調講演】 -業種別IFRS最新動向-
             業種別に見る、IFRS が与える影響について!

                         講師: マネジメントテクノロジーズ
                               LLC 代表 尾田 友志 氏

    来年2012年には、金融庁からIFRS(国際財務報告基準)を強制適用す
    るか否かの発表が行われます。
    各業界に与える影響ポイントはそれぞれ異なっており、自社への影響
    ポイントを把握することが大切です。当セミナーでは、業種別にIFRSの
    影響を整理し、わかりやすく解説します。

情報元:http://cocologaya.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/614-15ifrs-d6f7.html
スポンサーサイト
テーマ:京都
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。